イントロダクション

りん子14歳。遠くへ行きたい。親も、学校も、りんごもないどこかへー。
青森出身の監督が、青森を舞台に、全編津軽弁で描く、
思春期の少女とその家族の物語。
横浜聡子監督の鮮烈な眼差しが、少女を揺さぶる!

比類なき才能と映画の奇跡、再び。
『ジャーマン+雨』『ウルトラミラクルラブストーリー』の横浜聡子監督・最新作。
永瀬正敏と工藤夕貴が『ミステリー・トレイン』以来の共演を果たした話題作が、
ついに劇場公開決定!

青森県弘前市、岩木山の麓でりんご農園を営む三上一家。14歳のりん子(とき)は、仲の悪い母(工藤夕貴)と祖母、仕事もせずに酒ばかり飲んでいる父(永瀬正敏)に嫌気がさし、学校にも行かず家出を繰り返している。ある日、家出の資金が底をつき、久々に家へ戻ったりん子が出会ったのは、亡くなった父の遺影と、父がりん子の誕生日プレゼントにと連れてきた“馬”だったー。青森県出身の映画監督・横浜聡子が、オール津軽ロケ&オール津軽弁で鮮烈に描く、少女の思春期と壊れかけた家族のものがたり。横浜聡子監督の才能と脚本に惚れ込んだ永瀬正敏と工藤夕貴が、ジム・ジャームッシュ監督作品『ミステリー・トレイン』以来の共演を果たした。