リトルモア ホーム アーカイブ: admin

News

2023年10月29日

『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策講座 ワイン地図帳付き〈2023年度版〉』杉山明日香

■■ 《 売上“圧倒的”No.1 》のソムリエ試験対策テキスト
■■ 最新情報に大幅改訂、強力増補して今年も登場!

 

《 このテキストには合格できる理由がある 》

 

◆最新の情報・数値で勉強できる ⇒ これこそが合格のカギ!
今年も大幅に改訂された最新版「ソムリエ協会教本(2023年版、3月発行)」の内容を早くも徹底分析し反映。
古い情報での勉強は×。年ごとに変わる数値、制度の正確な把握が必須です!

 

◆“受験のプロ”が教えてくれる ⇒ だから選ばれる!合格できる!
明日香先生は、ワインスクールを主宰するだけでなく、有名進学予備校で数学講師として長く教鞭をとる“受験のプロ”。
だから、わかりやすい、勉強しやすい、合格できる!

 

- - -

* 大幅改訂の2023年版「日本ソムリエ協会教本」に早くも対応。最新の情報で作成しています。
〈協会教本に新章登場〉要注目!「料理とワインの相性(ペアリング)」「飲料概論」(←日本茶/紅茶/コーヒーについて問われます!)の2章が追加されました。
〈大幅改定〉出題必至。「スペイン」「ポルトガル」「ハンガリー」の大量加筆・修正は見逃せません。
* CBT方式の最新出題傾向を徹底分析。さらに、つまずきがちな学習ポイントを押さえた、的確・実践的な内容。
* 「最低限ここだけは!」の学習ポイントを各章に掲載。速習にも効果的。
* 綴じ込みの別冊としてワイン地図帳も付録。近年、出題数が増えている地図問題にも完全対応。
* 出題例(過去問+オリジナル問題)はたっぷり約400題。知識ゼロでまず解答して傾向と対策を掴み学習の道筋を探るのもオススメです。
* 習熟度をすばやく確認できる一問一答形式の「Check&Repeat」は、充実の600題。
* 混乱しやすい、法律、各種数値などを一覧表でスッキリ整理。
* 学習の息抜きになるだけじゃない、試験に即効のコラムを29篇掲載。

 

* 充実の516ページ。テキスト本文は重要な単語を隠して勉強できる2色刷り/別冊のワイン地図帳は見やすいフルカラー。
* 地図帳は取り外しもできるので、本文と見比べて効率的に学習できます。
* 持ち歩きにも便利なB5サイズで、いつでもどこでも勉強できます。

- - -

 

このテキストで受かった!─今年も合格者たちの声が届いています。
呑むだけでワインの知識はゼロだった本書担当編集者も、2014年、このテキストで一発合格しました!(2014年度ワインエキスパート呼称資格認定試験受験)

 

●● 情報更新のため、有資格者さえ頼りにし、飲食店が常備する1冊!

 

※《 売上“圧倒的”No.1 》=2022年度版がJ.S.A.ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験の参考書で売り上げNo.1になりました。[丸善・ジュンク堂書店調べ(2023年3月13日時点)]

 


[著者プロフィール]
杉山明日香(すぎやま・あすか)
東京生まれ 唐津育ち ワイン研究家・理論物理学博士
ワインスクール「ASUKA L’ecole du Vin」を主宰するほか、ワイン、日本酒の輸出入業を行う。また、東京・西麻布でワインバー&レストラン「Goblin」と、ワインバー&ショップ「Cave de ASUKA」を、パリでレストラン「ENYAA Sake&Champagne」をプロデュースするなど、ワインや日本酒関連の仕事を精力的に行っている。著書に『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策講座』『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策問題集』『ワインの授業 フランス編』『ワインの授業 イタリア編』『おいしいワインの選び方』『ワインがおいしいフレンチごはん』(飯島奈美との共著)『先生、ワインはじめたいです!』(監修、著・こいしゆうか)など。有名進学予備校で数学講師として長く教鞭をとっていることから、伝え、教える手腕は高い評価を得ている。
なお、近況やASUKA L’ecole du Vinのレッスン情報などは、杉山明日香事務所のFacebookをご覧ください。


 

著者:杉山明日香

 

ブックデザイン:金澤浩二
写真:川内倫子

 

定価:本体価格4000円+税
ISBN 978-4-89815-571-4

2023年発行
仕様[B5判/本体460ページ(2色刷り)+ワイン地図帳56ページ(フルカラー)/並製]

2023年10月29日

『青山真治クロニクルズ』

肉体を喪った
青山真治の魂と共に

 

2022年3月、57歳の若さで逝去した映画監督・青山真治。
『Helpless』『EUREKA』『サッド ヴァケイション』『東京公園』『共喰い』『空に住む』等、全作品を知人友人俳優スタッフ総勢105人と監督自身が語り綴る、ポリフォニックな年代記。
稀代なる作家の像とその足跡。

 

[参加者一覧]
青山真治、赤坂太輔、オリヴィエ・アサイヤス、浅野忠信、飛鳥壮太、フィリップ・アズーリ、渥美喜子、阿部和重、荒井晴彦、荒木啓子、市山尚三、井土紀州、上野昂志、内門博、内田雅章、梅本健司、梅本洋一、榮倉奈々、海老根剛、大江慎也、大木雄高、大九明子、大田和志、大友良英、大橋咲歩、大森克己、荻野洋一、甲斐真樹、ルー・カステル、川口力、川瀬陽太、川添彩、菊池信之、北小路隆志、木田貴裕、葛生賢、黒沢清、合田典彦、ペドロ・コスタ、是安祐、齋藤寛朗、斉藤陽一郎、坂本安美、佐々木敦、佐々木浩久、笹部博司、佐藤公美、七字幸久、篠崎誠、島田雅彦、清水健治、清水剛、ティエリー・ジュス、絓秀実、杉山嘉一、菅田将暉、角井誠、諏訪敦彦、関口賢、瀬々敬久、仙頭武則、フィリップ=エマニュエル・ソルラン、高橋洋、田村尚子、たむらまさき、土田環、アルノー・デプレシャン、富田克也、とよた真帆、豊原功補、直枝政広、長嶌寛幸、中島一夫、中島美緒、中原昌也、中村哲也、丹生谷貴志、野本史生、蓮實重彦、羽田野直子、馬場祐輔、原田健太郎、東田重樹、彦江智広、広石武彦、廣瀬純、クリス・フジワラ、古厩智之、甫木元空、星龍雄、堀口徹、松本正道、松本勝、万田邦敏、三上博史、光石研、三宅唱、宮崎あおい、宮沢章夫、安井豊作、矢作俊彦、山田勳生、山根貞男、ジャン=ピエール・リモザン、渡部直己
(敬称略・五十音順)
※上野昂志の「昂」、高橋洋の「高」、蓮實重彦の「蓮」「彦」、宮崎あおいの「崎」は本来異体字での表記となります。

 

書きおろし、インタビュー、再録含む無数の証言と本人が遺した原稿、未発表のインタビューのほか、図版や当時の写真も多数収録。

 

カンヌ国際映画祭で喝采を浴び、
今も世界に影響を与え続ける青山真治、
その人と作品の深淵に迫る800ページの大冊。

 


[プロフィール]
●青山真治(あおやま・しんじ)
1964年7月13日、福岡県北九州市門司に生まれる。立教大学英米文学科卒。
1996年『Helpless』で劇場映画監督デビュー。2000年『EUREKA』がカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をW受賞。同作の小説版が三島由紀夫賞を受賞。2011年『東京公園』でロカルノ国際映画祭金豹賞審査員特別賞受賞。2015年度まで4年間、多摩美術大学映像演劇学科教授。2016年度、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映画学科の学科長を1年のみ務める。2020年公開の『空に住む』が遺作となった。2022年3月21日逝去。


 

責任編集:樋口泰人

 

装丁:倉茂 透

 

定価:本体価格6800円+税
ISBN 978-4-89815-563-9

2023年発行
仕様[A5変型/800ページ/並製]

2023年10月28日

『わたし×IT=最強説 女子&ジェンダーマイノリティがITで活躍するための手引書』NPO法人Waffle

プログラミング必修の時代に欠かせない、女子&ジェンダーマイノリティのための新しい進路応援ガイド。
国際女性デーに合わせて、3月8日全国発売。

 

\ITやプログラミングが気になっている人、必読!!/
「女性は理工系に不向き?」「IT分野は男性ばかり?」という不安を吹き飛ばす、
知識とアドバイスが盛りだくさん。読めば力が湧いてくる。
「女子だから」にしばられず、あなたがワクワクする道を進もう!

 

〈本書の魅力は?〉
◆「なぜ理工系に女子が少ないの?」「IT分野に多様性がないとどうなるの?」という疑問に対して、データを用いながら中高生にもわかりやすく解説。⇒1歩踏みだす勇気が出る!
◆女性ITエンジニアや研究者を含む、16人のインタビューを収録。⇒ロールモデルがきっと見つかる!
◆ITが社会のあらゆる場面で使われ、社会を良い方へ変えてきた事例を多数紹介。⇒ITを身近に感じ、興味が湧く!
◆巻末には「プログラミング学習を今日から始めたい」「仲間と出会えるコミュニティを探したい」といった希望に応える、お役立ち情報をまとめて掲載。⇒次のアクションにつながる!

 

〈著者はどんな人?〉
IT分野のジェンダーギャップ解消を目指し、女子&ジェンダーマイノリティの中高生〜大学生に無料でプログラミングを学ぶ場を提供しているNPO法人Waffle。
「愛情深く、そして論理的に女性をエンパワーメントしたい。むずかしく捉えられがちなテクノロジーを、お菓子のワッフルのようにポップに」(Women AFFection Logic Empowerment)が名前の由来。
「第5次男女共同参画基本計画素案」に対するパブリックコメントをはじめとした政策提言も積極的におこなう。

 

〈どんな人におすすめ?〉
◆プログラミングやITに興味がある中高生〜大学生と、その保護者。
◆教育現場で働く人、企業でDXに取り組む人、ITエンジニアの仕事について知りたい人。

 

= = =
スプツニ子!さんも推薦!!
「この本を読んで、コーディングで未来を切り拓こう。
自分の手で未来を創るって、めちゃくちゃ楽しい!」(帯コメントより)
= = =

 

文理選択や進路に悩む10代へ。
たくさんのヒントと勇気を与え、カラフルな選択肢を紹介する、新しい未来地図がここに。
やりたいことに性別は関係ない。女子&ジェンダーマイノリティにあらゆる選択肢を!

 


[著者プロフィール]
●NPO法人Waffle
IT分野のジェンダーギャップ解消を目指し、女子&ジェンダーマイノリティの中高生〜大学生に無料でプログラミングを学ぶ場を提供しているNPO法人。女子中高生およびジェンダーマイノリティに向けた無料のウェブサイト作成コース「Waffle Camp」、大学生・大学院生に向けた無料のプログラミング研修「Waffle College」を実施。また、国際的なアプリコンテスト「Technovation Girls」の国内での出場支援、企業との協働による各種イベントを開催している。「第5次男女共同参画基本計画素案」に対するパブリックコメントをはじめとする政策提言も積極的におこなう。2020年、第4回ジャパンSDGsアワード「SDGsパートナーシップ賞」受賞。同年、Forbes JAPAN誌が選ぶ “世界を変える30歳未満30人の日本人” に共同創業者の田中沙弥果と斎藤明日美が選出された。
→ https://waffle-waffle.org


 

著者:NPO法人Waffle

 

イラスト:高橋由季
デザイン:ニマユマ

取材&ライティング協力:田口みきこ

 

定価:本体価格1700円+税
ISBN 978-4-89815-570-7

発売日:2023年3月8日
仕様[A5判/176ページ/並製]

2023年10月11日

梶井照陰さん、『お寺のハナちゃん』の写真展が佐渡、京都、新潟でも開催されます。

 

柴犬ハナちゃん(の写真)、佐渡から全国へ!

大好評発売中の梶井照陰(写真と文)『お寺のハナちゃん』、刊行によせた記念写真展「Exhibition お寺のハナちゃん」の巡回が決定しました。

 

- - -

 

梶井照陰 写真展
「Exhibition お寺のハナちゃん」

 


梶井照陰・著『お寺のハナちゃん』刊行によせて、写真展を開催いたします。
佐渡島最北端、限界集落にある寺で暮らす柴犬ハナとの日々。
僧侶であり写真家の著者が、写真と文で綴った日々の一コマ一コマを、ぜひお楽しみください。

 

「私が暮らす佐渡最北端のお寺に、柴犬のハナがやって来たのは2020年9月でした。認知症も進んできた祖母との2人暮らしに行き詰まっていた私は、新潟本土で偶然出会ったハナをお寺に迎え入れることにしました。
ハナが来たばかりの頃はコロナ禍の真っただ中でした。祖母は癌を患い、物忘れも激しくなっていましたが、天衣無縫なハナの姿に救われる日々でした。やがて私はそんな祖母とハナの日常を撮影するようになり、このたび一冊の本として出版しました。その中から選んだ一部を展示します。」
── 梶井照陰

 

◎ 巡回会場 1.
会期:2023年11月8日(水)- 25日(土)
会場:ニカラ(新潟県佐渡市)

時間:12:00 – 18:00 日・月・火曜定休

【会場・問合せ】
ニカラ
〒952-0502 新潟県佐渡市羽茂大崎1507-1

 

◎ 巡回会場 2.
会期:2023年12月1日(金)- 15日(金)
会場:誠光社(京都府京都市上京区)

時間:10:00 – 20:00 (最終日18時まで) 会期中無休

【会場・問合せ】
誠光社
〒602-0871 京都府京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
tel. 075-708-8340
https://www.seikosha-books.com/

 

◎ 巡回会場 3.
会期:2023年12月5日(火)- 24日(日)
会場:北書店(新潟県新潟市)

時間:11:00 – 20:00 月曜定休

【会場・問合せ】
北書店
〒951-8502 新潟県新潟市中央区下大川前通4ノ町2230 エスカイア大川前プラザ1F
tel. 025-201-7466

 

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。
※営業日・営業時間等について、詳しくは各店舗のSNSやWebサイトにてご確認ください。

 

[梶井照陰 写真展「Exhibition お寺のハナちゃん」ツアー]
8月28日(月)- 9月3日(日) 百年(東京・吉祥寺)
10月3日(火)- 17日(火) TOUTEN BOOKSTORE(愛知・名古屋市)
10月27日(金)- 31日(火) となりのtOki dOki(東京・西荻窪)
11月8日(水)- 25日(土) ニカラ(新潟県佐渡市)
12月1日(金)- 15日(金) 誠光社(京都府京都市上京区)
12月5日(火)- 24日(日) 北書店 (新潟県新潟市)

- - -

 

小社刊行の梶井照陰さんの著書・写真集は以下になります。
・『お寺のハナちゃん』
・『DIVE TO BANGLADESH』

 

2023年10月5日

梶井照陰さん、『お寺のハナちゃん』の写真展が東京・西荻窪で開催されます。

 

大好評発売中の梶井照陰(写真と文)『お寺のハナちゃん』。

本書の刊行によせた写真展が東京・西荻窪で開催されます!

 

- - -

 

梶井照陰 写真展
「Exhibition お寺のハナちゃん」

 


佐渡島最北端、限界集落にある寺で暮らす柴犬ハナとの日々。
僧侶であり写真家の著者・梶井照陰が、写真と文で綴った日々の一コマ一コマを、ぜひお楽しみください。

「私が暮らす佐渡最北端のお寺に、柴犬のハナがやって来たのは2020年9月でした。認知症も進んできた祖母との2人暮らしに行き詰まっていた私は、新潟本土で偶然出会ったハナをお寺に迎え入れることにしました。

ハナが来たばかりの頃はコロナ禍の真っただ中でした。祖母は癌を患い、物忘れも激しくなっていましたが、天衣無縫なハナの姿に救われる日々でした。やがて私はそんな祖母とハナの日常を撮影するようになり、このたび一冊の本として出版しました。その中から選んだ一部を展示します。」
── 梶井照陰

 

会期:2023年10月27日(金)- 10月31日(火)
会場:となりの tOki dOki(東京・西荻窪)

時間:12:00 – 19:00 会期中無休

 

写真展の詳細についてはとなりの tOki dOkiのWebサイトをご覧ください。
https://www.tosakanmuri.com/news/category/tonari/

 

【会場・問合せ】
となりの tOki dOki
〒167-0042 東京都杉並区西荻北4-4-1 KITAYON 2階奥(パン屋 tOki dOki 隣)
tel. 03-6325-3117
https://www.tosakanmuri.com/news/category/tonari/

- - -

 

小社刊行の梶井照陰さんの著書・写真集は以下になります。
・『お寺のハナちゃん』
・『DIVE TO BANGLADESH』

 

2023年6月7日

稲田俊輔『食いしん坊のお悩み相談』テキストデータ提供(バリアフリー対応)について

 

小社刊行書籍『食いしん坊のお悩み相談』(著:稲田俊輔)につきまして、視覚障害、読字障害、上肢障害などの理由で紙の書籍を読むことが難しい方には、書籍をご購入されたご本人の私的利用に限り、テキストデータを提供いたします。

 

●弊社にて直接書籍をご注文いただく際には、テキストデータご所望の旨をお知らせください。
ただいま弊社オンラインストアがリニューアル工事中のため、直接のご注文についてはメールまたはお電話にてお問い合わせください。
メール: order@littlemore.co.jp
電話: 03-3401-1042 〈平日(土日祝日を除く)10:00~18:00〉
*書籍は佐川急便の代金引換にてお届けいたします。商品代金のほか、送料、代引手数料がかかりますのでご注意ください。詳細につきましては、お問い合わせの際にお知らせいたします。

 

●全国の書店やオンライン書店で本書をご購入いただいた方で、テキストデータをご所望の場合は、下記までメールにてお申し込みください。
→ メールアドレス info@littlemore.co.jp

 

*本書のテキストデータ提供は、Palabra株式会社が提供するUDCastサービス(https://udcast.net/)のご協力のもと行っております。

 

稲田俊輔・著『食いしん坊のお悩み相談』は大好評発売中です。詳しくはコチラよりご覧ください。
→ https://littlemore.co.jp/2010/isbn9784898155752

 

2023年3月15日

映画『片思い世界』製作決定!!〈主演:広瀬すず 杉咲花 清原果耶 脚本:坂元裕二 監督:土井裕泰〉2024年全国公開

 

リトルモアが製作幹事、製作プロダクション、配給で参加する映画『片思い世界』の製作が発表されました。

 

以下、製作発表リリース文です。

- - -

この度、脚本家・坂元裕二が新たに書き下ろしたオリジナル脚本を、広瀬すず、杉咲花、清原果耶のトリプル主演で映画化する『片思い世界』の製作が決定致しました。

 

本作は、ドラマ「それでも、生きていく」(’11)、「anone」(’18)、「大豆田とわ子と三人の元夫」(’21)、「初恋の悪魔」(’22)など連続ドラマの金字塔を数多く手掛ける一方、『花束みたいな恋をした』(’21)以降、『怪物』(23年6月2日公開予定)、『クレイジークルーズ』(23年Netflixにて配信予定)など映画でも精力的にオリジナル作品を発表し続けている脚本家・坂元裕二が、新たに書き下ろした新作映画となります。
監督を担うのは、坂元裕二脚本の名作ドラマ「カルテット」(’17)でも演出を手掛けた土井裕泰。2021年に異例のロングランを記録した大ヒット映画『花束みたいな恋をした』で映画初のタッグから2年、本作で再びタッグを組みます。

 

主演をつとめるのは、広瀬すず、杉咲花、清原果耶の3人。
広瀬すずは「なつぞら」(’19)、杉咲花は「おちょやん」(’20)、清原果耶は「おかえりモネ」(’21)と、それぞれ別のNHK連続テレビ小説で主演をつとめている他、ドラマや映画でも多数の主演作を持ち、真に実力のある国民的女優としてトップを牽引する3人。そんな3人が、奇跡のトリプル主演として、坂元裕二の新作脚本に集いました。

 

現代のリアリティを反映した瑞々しい会話や切実なテーマでこれまでたくさんの観客を虜にしてきた坂元裕二が、いま最も期待される20代の女優3人を主演に迎えて今回新たに描くのは、悩み迷いながらも優しさを失わずに生きる若い女性たちの姿。現代の東京を舞台に、一体どんな物語が紡がれていくのか。タイトル以外の詳細が明かされていない本作に、今後ぜひご期待ください。

 

本作は、2023年に撮影、2024年の全国公開を予定しています。

 

──────────────────────────────

『片思い世界』
主演:広瀬すず 杉咲花 清原果耶  脚本:坂元裕二  監督:土井裕泰

製作幹事:TBSスパークル、リトルモア  製作プロダクション:リトルモア、フィルムメイカーズ  配給:東京テアトル、リトルモア
(C)2024『片思い世界』製作委員会
公式サイト→ kataomoisekai.jp
公式Twitter→ @kataomoi_sekai

- - -

 

映画公式サイトでは、広瀬すずさん、杉咲花さん、清原果耶さん、脚本の坂元裕二さん、監督の土井裕泰さんの製作発表コメントが掲載されています。
『片思い世界』公式サイト→ kataomoisekai.jp

是非ご期待のほどお願いいたします。

 

1 2

Movies

SEIJUN RETURNS in 4K
鈴木清順 生誕100年記念
『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』4Kデジタル完全修復版

2023/11/11(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー
●『ツィゴイネルワイゼン』出演:原田芳雄、大楠道代 他
●『陽炎座』出演:松田優作、大楠道代 他
●『夢二』出演:沢田研二、坂東玉三郎 他

公式サイト

『せかいのおきく』

絶賛公開中!
脚本・監督:阪本順治 
出演:黒木華 寛一郎 池松壮亮

公式サイト

『わたしのお母さん』

DVD発売中&U-NEXT独占配信中
監督:杉田真一 脚本:杉田真一 松井香奈
出演:井上真央 石田えり

公式サイト
映画一覧

連載

連載・上野昻志「新・黄昏映画館」
2022年8月1日(月)〜スタート

25年ぶりに映画評論集『黄昏映画館 わが日本映画誌』を刊行したことでも話題の、上野さんによる月1映画評論(1日更新)。
ハミ出しコラム=近時偶感 もお楽しみに。

新・黄昏映画館

ASLAND CRUISE

アズランド クルーズ 部には
8人の俳優が所属しています

鈴木晋介/金子清文/戌井昭人/大森立嗣/渡辺謙作/鈴木卓爾/中沢青六/木下三徳

ASLAND CRUISE